トップページ >> 大人の矯正 >> マウスピース矯正

マウスピース矯正


<このような方におすすめ:できるだけ目立たない方法で治療したいけれど、ブラケット装置はつけたくない!という場合>

メリット・装置がほとんど目立たないこと、食事の時に装置を外せること
デメリット・抜歯症例や大臼歯(奥歯)の位置移動が必要な場合は適応にならないこと。
1日20時間以上装置を使用できないと治療効果が得られないこと

 

マウスピース矯正は、基本的には下の写真のような、クリアリテーナーと同じタイプのマウスピースによって治療を進めていく方法です。装置の違和感が少ない、目立たない、等のメリットもありますが、20時間以上の装置の使用が必要とされます。当医院では、アソライナーとインビザラインによる治療が可能です。