トップページ >> 子供の矯正 >> プレート矯正

プレート矯正


<対象年齢:7歳前後~小学校高学年まで・かみ合わせが深い場合(過蓋咬合)や下あごの位置をコントロールする必要がある場合>

メリット・取り外し式の装置なのでプラークコントロールが容易である。
デメリット・基本的に歯磨きと食事以外は終日使用になるので、使用時間によって効果が左右されること

 

プレート装置(床矯正装置)は、このような筋肉と舌の力のバランスが不均衡で歯列が内側に倒れている症例に有効です。抜歯症例であっても、このようにプレートで本来の歯列形態を作ることでブラケット装着期間を短縮し、仕上がりをよりよくすることができます。プレート矯正はそのようなメリットがある場合にのみ行います。

治療例 6歳6か月女児

歯が歯肉に当たって痛い。ということで来院されました。かみ合わせが深いと、6歳臼歯が正常な高さまで出ることができず、歯肉にこのような跡がついた状態になることがあります。このような場合は、乳歯のかみ合わせの部分に矯正用の材料を接着して、6歳臼歯が萌出することのできる垂直的なスペースを確保しつつ、プレート装置で歯列形態を修正します。症例によっては、MFT(筋機能療法)といって筋肉のバランスを整える練習をすることもあります。

 

 

7歳5か月 
経過観察開始時