トップページ >> 子供の矯正 >> バイオネーター

バイオネーター


<対象年齢:7歳前後~小学校高学年まで:上顎前突で下あごの劣成長がみとめられる場合>

メリット・下あごの位置改善に効果的であること
デメリット・比較的装置が大きいので慣れるのに多少時間がかかる場合がある

 

同じ上顎前突でも、上あごがでているのか、下あごが下がっているのかで治療方法も違ってきます。正確な診断を行うためにセファロ撮影を行い、顎の位置を診断し、治療を行っていきます。このように、下あごが後退しているタイプの上顎前突にはバイオネーターという下顎の位置を前方へ誘導することを目的とした矯正装置による治療を行います。

治療例 8歳0か月男児

8歳0か月 
初診時

 

初診時

 

治療開始時

 

治療開始から4か月経過時

 

1年経過時
奥歯の位置を拡大してみてみると、下の奥歯の位置が前方へ移動したことがわかります。