トップページ >> 子供の矯正 >> MPA(上顎前方牽引装置)

MPA(上顎前方牽引装置)


<対象年齢7歳前後から小学校高学年まで・上あごの大きさに問題がなく、上あごと下あごの前後的位置のズレが認められる場合>

メリット・上あごと下あごの位置の改善が期待できる

 

上あごの大きさに問題が無く、上あごと下あごのズレが大きい場合には、このように上顎前方牽引装置による治療を行います。

治療例 6歳8か月男児

6歳8か月 
初診時 前から3番目の歯(乳犬歯)まで反対に咬んでいます。反対に咬んでいるため、下の前歯にも隙間がある状態です。

 

 

9歳4か月 
ここで経過観察に入ります。全ての永久歯が生え換わり、かみ合わせに問題がなければⅡ期治療の必要はありません。下の前歯に保定ワイヤーが装着されています。