トップページ >> 子供の矯正

ムーシールド


<対象年齢:3歳~5歳・反対咬合で自然治癒が見込めない症例>

<反対咬合>とは<受け口>のことです。永久歯が生える時に自然に治ることもありますが、かなり少数例です。上あごの成長が抑えられた状態(反対咬合)のまま経過をみるのではなく、できるだけ早期に反対咬合の状態を改善することで、正常な上顎の発育を誘導することが望ましいという考えから、当医院では早期初期治療を行っております。

RPE(急速拡大装置)+MPA(上顎前方牽引装置)


<対象年齢:7歳前後小学校高学年まで・上あごの劣成長がある場合や
上あごと下あごの前後的位置のズレが認められる場合>

上あごの劣成長が認められたり、上あごと下あごのズレが大きい場合には、このような治療を行います。ズレの程度が重度であり、将来的に外科矯正の可能性がより高い場合にはⅠ期治療を行えない場合もあります。この治療方法は時期により効果が大きく異なります。

MPA(上顎前方牽引装置)


<対象年齢7歳前後から小学校高学年まで・上あごの大きさに問題がなく、
上あごと下あごの前後的位置のズレが認められる場合>

上あごの大きさに問題が無く、上あごと下あごのズレが大きい場合には、このように上顎前方牽引装置による治療を行います。

ブラケット矯正


<対象年齢:レントゲンで永久歯の歯根の完成を確認後に治療を開始します。基本的に8歳前後から治療が可能です・上あごや下あごの位置に問題がなく、個々の歯の位置不正がある場合>

金属ではなく、プラスチックやセラミックなどで作られたブラケットを使用する方法です。
金属を透明のプラスチックや白いセラミックにすることで、かなり目立ちにくくなります。

バイオネーター


<対象年齢:7歳前後~小学校高学年まで:上顎前突で下あごの劣成長がみとめられる場合>

同じ上顎前突でも、上あごがでているのか、下あごが下がっているのかで治療方法も違ってきます。正確な診断を行うためにセファロ撮影を行い、顎の位置を診断し、治療を行っていきます。このように、下あごが後退しているタイプの上顎前突にはバイオネーターという下顎の位置を前方へ誘導することを目的とした矯正装置による治療を行います。

ヘッドギアー


<対象年齢:8歳前後~小学校高学年まで・上顎前突で上あごの過成長が認められる場合や、第一大臼歯の位置のコントロールが必要な場合>

上あごの過成長が認められたり、上あごが前方に位置している場合にはこのようなヘッドギアーをいう装置を使用します。装置は就寝時と家の中にいるときに使用します。このように奥歯の位置を正常な状態にすることがⅡ期治療の仕上がりをより良好なものにし、治療期間の短縮にもつながります。

プレート矯正


<対象年齢:7歳前後~小学校高学年まで・かみ合わせが深い場合(過蓋咬合)や下あごの位置をコントロールする必要がある場合>

プレート装置(床矯正装置)は、このような筋肉と舌の力のバランスが不均衡で歯列が内側に倒れている症例に有効です。抜歯症例であっても、このようにプレートで本来の歯列形態を作ることでブラケット装着期間を短縮し、仕上がりをよりよくすることができます。プレート矯正はそのようなメリットがある場合にのみ行います。